本サイトはプロモーションが含まれています。
PR

【首相長男】岸田翔太郎はどんな人物?結婚や経歴についても調査!

ニュース
本サイトはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

岸田文雄首相の長男で、首相秘書官辞書官を辞職した岸田翔太郎氏。

親戚一同とともに首相公邸で忘年会を開き、来賓を招く公的なスペースで、寝そべって写真撮影をするなどして、世間から批判を受けていました。

そこで今回は、騒動の中心人物である岸田翔太郎氏について、彼の学歴や経歴を追っていきながら、翔太郎氏の愚行について紹介していきます。

ぜひ最後まで、ご覧ください!

スポンサーリンク

岸田翔太郎とは?

現在、岸田首相の秘書官を辞職した岸田翔太郎氏。

彼は一体、どんな人物なのか、プロフィールを元に岸田翔太郎氏の素顔を紹介していきます。

岸田翔太郎のプロフィール


(出典:Twitter)

まずは、岸田翔太郎氏のプロフィールを紹介します。

名前:岸田 翔太郎(きしだ しょうたろう)
生年月日:1991年1月14日(33歳)※2024年2月現在
出身地:広島県広島市
出身高校:修道高等学校(広島県)
出身大学:慶應義塾大学法学部政治学科

岸田翔太郎氏は、広島県の私立中高一貫の男子校「修道高等学校」出身です。

偏差値70の超難関校で、多くの政財界の人々を輩出してきた名門校でもあります。

大学は、偏差値67.5の慶應義塾大学法学部出身で、まさにエリート教育を歩んできました。

岸田翔太郎氏について、大学時の同級生が以前、週刊誌の取材にこう答えています。

岸田くんは学生時代は地味な印象で、周囲もお父さんが有名な政治家らしいというくらいの反応でした。

・岸田くんはバドミントンのサークルに入っていて、髪こそ明るい茶髪にしていましたがみんなの前で積極的に騒ぐタイプというよりは大人しい真面目な印象でした。(引用:NEWSポストセブン

また、当時は同じ大学に安倍元首相の甥「岸信千世さん」がいて、岸田翔太郎氏よりも岸信千世さんの方が、学内で有名だったようです。

岸信千世とは?
安倍元首相の甥で岸信夫・首相補佐官の息子である。附属の慶応義塾高校から慶大商学部に進学。
2014年にフジテレビに入局し、社会部の記者として活躍。2020年からは防衛大臣だった信夫氏の大臣秘書官を務めた。 

学生時代の2人をどちらも知っているという同級生の印象は、「2人は真逆」だったそうです。

大人しく真面目な印象の岸田翔太郎氏とは反対に、岸信千世さんは身長180センチ以上で準硬式野球部に所属するスポーツマンで、目立つ存在だったようです。

岸田翔太郎の経歴


(出典:日本経済新聞)

続いて、岸田翔太郎氏の経歴についてもまとめていきます。

岸田翔太郎の経歴
2014
年に慶應義塾大学法学部を卒業後、三井物産に入社。その後、2020年からは岸田総理の議員事務所で公設秘書を務めている。

岸田翔太郎氏は、慶應義塾大学卒業後、三井物産へ入社していることからエリートの道を順調に進んでいることがわかります。

また、入社した三井物産は日本の5大商社の1社で、30歳までに年収1000万円に到達する社員もいるようです。

日本の5大商社
・三菱商事
・三井物産
・伊藤忠商事
・住友商事
・丸紅

また、岸田翔太郎氏は、先述の安倍元首相の甥である「岸信千世さん」と同じタイミングで社会人となりました。

さらに奇遇なことに、同じ年に退社して父親の秘書に転身しています。

良くも悪くも、2人は度々比べられてきたようですね。

岸田翔太郎はバドミントンの選手だった?


(出典:Bing)

岸田翔太郎氏は、勉強だけが得意だった訳ではなく、学生時代から社会人までバドミントンを続けており、数々の好成績を残しています。

修道高等学校時代には広島県高体連バドミントン大会に出場しているほどの実力の持ち主でもあります。

さらに、三井物産時代にも、会社の代表としてバドミントンの大会に出場したこともありました。

ネット上には岸田翔太郎氏がバドミントンの大会に出場したと思われるトーナメント表の画像が、多数出回っています。

高校、大学、社会人時代と、どの大会にも出場して、好成績を収めていたようです。

岸田翔太郎の家族構成


(出典:NEWSポストセブン)

続いて、岸田翔太郎氏の家族構成は、

家族構成
父、母、弟2人

の、4人家族のようです。

父親である岸田総理が「3人の息子がいる」と明かしています。

父親の仕事を、家族みんなで応援する、仲の良い家族のようです。

この他にも、「岸田ファミリーインスタライブ」を行ったりと、とても明るい家族であることが伝わってきます。


(出典:Twitter)

岸田翔太郎は結婚してる?


(出典:Twitter)

岸田翔太郎氏は、結婚しているのか調べてみましたが、結婚の情報が見つかりませんでした。

そのため、結婚している可能性は低いです。

しかし、過去に結婚の噂が流れたことがあります。

2016年3月に投稿された岸田翔太郎氏のFacebookには、女性との2ショット写真を投稿したことがあります。

そこに、「岸田結婚おめでとう」とコメントがあったことから、結婚したのでは?と噂が流れました。

これ以外結婚したという情報はないことから、当時付き合っていた彼女との写真を投稿し、それを見た友人がふざけてコメントしたのではないでしょうか。

結局、岸田翔太郎氏の結婚については、確実な情報はありませんでした。

岸田翔太郎が秘書官を辞任!その理由とは?

岸田翔太郎氏が、親戚を集めて首相公邸で大はしゃぎをして厳重注意を受け、世間から批判の目を向けられています。

さらには批判を受けて、秘書官を辞任することに。

ここでは、岸田翔太郎氏が秘書官を辞任した理由について、まとめていきます。

岸田翔太郎は仕事をサボっていた?


(出典:毎日新聞)

2023年4月の報道で、岸田翔太郎氏はほとんど官邸入りしていないことが報じられました。

「最近、岸田翔太郎政務秘書官(32)がぜんぜん官邸入りしていないんです。官邸には秘書官が入ると名前のランプが点くモニターがあるんですが、岸田秘書官のところがいつも点いておらず、朝夕に官邸のエントランスで出入りする姿をたまに見かけるぐらいです」(引用:FRIDAY

「どこにいる?」「まさかサボってないよね?」と言った不安な声が聞こえてきましたが、官邸入りしていない日はどこで何をしていたのかは不明です。

岸田翔太郎氏は、岸田首相が会食などに行く際に秘書官として同行するのですが、同行していたのは稀(まれ)なんだそう。

また、翔太郎氏は基本的に単独で行動していることも、報じられました。

2022年秋の採用時には岸田首相による「縁故採用」と批判を浴びたため、仕事で結果を残してほしいですね。

岸田翔太郎が厳重注意を受けた理由


(出典:文春オンライン)

岸田翔太郎氏が、親戚一同とともに2022年の12月30日に首相公邸で忘年会を開き、その際、来賓を招く公的なスペースなどで写真撮影をしていたと報じられました。

流出した画像には、赤じゅうたんの敷かれた階段に寝そべっている写真や、新閣僚がズラリとひな壇に並ぶ様子を模した写真もありました。

「寝そべっている男性は、岸田首相の甥で翔太郎氏の従兄弟にあたるA氏です。A氏の父親は岸田首相の3歳下の実弟で、外国人の国内労働を支援する『フィールジャパンwith K』代表取締役の武雄氏。母親はスナック菓子で知られる『湖池屋』創業者の長女と、“華麗なる一族”の家系です。本人は20代半ばで、関西の大学を卒業後、現在は愛知の商社に勤務しています」

(引用:Yahoo!ニュース

ひな壇写真でも首相の位置に立ち、今回の騒動で中心人物だったのが伝わってきます。

また、松野官房長官は記者会見でこの件について「報道の行為は適切さを欠くものであり、岸田総理から厳しく注意した」と明かしています。

岸田翔太郎は過去にも観光して騒動に?


(出典:TBS NEWS DIG)

岸田翔太郎氏といえば、2023年1月の欧米来訪に同行した際に、公用車で観光していたと報じられて、話題になりました。

岸田首相がヨーロッパを訪問した際に、翔太郎氏は日本大使館の公用車を利用して、パリやロンドンの観光名所を訪れ、現地の百貨店で買い物をしたと報じられました。

この件について、木原誠二官房副長官は会見で、対外発信に使うための撮影や、首相の土産購入などが目的だった説明しています。

観光や私用の買い物はなかったとして「不適切な行動はなかった」と説明していましたが、世間の大ヒンシュクを買ってしまいました。

公私混同や脇の甘さが指摘されてきたことで、話題になっていましたね。

岸田翔太郎に対する世間の声は?


(出典:デイリー新潮)

岸田首相の息子、翔太郎氏に対する世間の声を紹介します。

ネット上には、「許される行為ではない」と批判的な声が多数上がっていて、擁護する声はほとんどありませんでした。

なかには、岸田翔太郎氏に対する謝罪や辞任を求める声もたくさんありました。

結局、秘書官を辞任するという結果になりましたね。

岸田翔太郎の今後の活躍に期待したい!

今回は、岸田首相の秘書官を辞職した岸田翔太郎氏について、まとめてみました。

岸田翔太郎氏は、

  • 広島の超名門校修道高等学校出身で、慶應義塾大学法学部を卒業している
  • 結婚はしていないと見られている
  • 安倍元首相の甥である岸信千世氏と比べられることもある
  • 勉強の成績は優秀であり、バドミントンの成績も優秀である
  • 2022年の年末に首相公邸で忘年会を開き、来賓を招く公的なスペースで写真撮影をし批判の的に

と言うことで説明してきました。

今後の岸田翔太郎氏の動向が気になりますが、大人として正しい行動が取れるように期待したいですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました